硬い便が肛門の出口から出てこない

硬い便が肛門の出口から出てこない

硬い便が肛門の出口から出てこない!どうしたらいい?

肛門から出掛かっているうんちがあるのに硬くて出てこない。コレ、すごーく苦しくてつらいですよね。私も経験者です。座っているのもつらくトイレに行ったり来たりを1時間・・・何回か経験しました。

 

肛門の出口まできている便は、基本的にやわらかくして排便するのは無理です。肛門近くの硬い便が出口を塞いでいるので、その便さえ取り除けば柔らかいのです。

 

いろいろ調べてみたところ、まず「イチジク浣腸」などは体に負担がかかるのでやめた方がいいらしいです。また、力みすぎるのも肛門近くを裂傷させることになります。(痔になりやすい)

 

ウォッシュレットがあるなら、肛門を刺激してやる。ただ、それだけでは効果なしの場合が大きいです。

 

トイレットペーパー

 

一番良い方法は・・・

 

ちょっと勇気がいりますが、指を使って掻きだす方法です。

 

薄手のゴム手袋(薬局などで売っています)か素手なら爪をきって清潔に。当たり前ですが、その後の処置も手と肛門を洗い清潔にしておくのが大切です。この硬い便さえ取り除けば、うしろに控えている便?は楽に排便されるはずです。勇気がいりますが、意外と大丈夫ですので、頑張ってみて下さいね。

どうしても便秘が治らない場合

今は便秘外来というのもありますし、ダイエット相談ができる医療機関もあります。そういうところを利用してみるのもいいと思います。

便秘薬

この他、口コミで評判が良かったのが、ちょっとお高いですが、【おなか端麗】おなか端麗という厚生労働省認可の便秘用健康食品です。赤ちゃんや妊娠中・授乳中のママさんには【カイテキオリゴ】、高齢者には【ファスコン整腸錠プラス】が体の状態に合っているのでおすすめです。

硬い便が肛門の出口から出てこない関連ページ

便秘薬を使わないで便秘解消
便秘薬は、依存性が高いのでなるべく使いたくないという人が多いかと思います。便秘薬を使わないで便秘解消する方法をネットから情報を拾ってみました。その中から多かった口コミを挙げてみますね。
赤ちゃんの便秘
赤ちゃんの便秘には?赤ちゃんや子供の便秘・・・泣いてるのに何にもしてあげれない。そう悩むお母さん達に、赤ちゃんや子供の便秘解消の方法や予防法を紹介しますね。赤ちゃんにもうんちが出るリズムがあります。
妊娠中・授乳中の便秘
妊娠中・授乳中の便秘解消法について解説。まず、妊娠中や授乳中は、なるべく市販の便秘薬を飲まないほうがいいです。特に妊娠中!授乳中も薬の成分が母乳に混入するので避けたほうが無難です。産婦人科に行けば、マグミット錠などの便秘薬を処方されると思いますが、極力、薬に頼らないで自力で便秘解消をするようにしましょう。
ダイエット中の便秘
ダイエット中はどうしても便秘になってしまいます。特に食事制限で痩せようとするダイエットは、便秘になりやすいです。食事の量を減らしたり栄養が偏ったり。食事の量を減らすと便の量が減るのは当たり前です。ではどうすれば、便の量を増やせるのか?
高齢者の便秘
高齢者の便秘解消の方法について。高齢者は、便秘になりやすいです。力むちからが弱まるだけでなく、胃や腸の働きも弱まるからです。又、食事の際、食べる量が少なくなる事も影響していると思います。お年寄りの便秘解消で効果的なのは、便の硬さを柔らかくしてあげる事です。

便秘の原因 便秘に良い食品 便秘に良い飲み物 タイプ別便秘解消法 便秘に良いマッサージ