ダイエット中の便秘

ダイエット中の便秘

ダイエット中の便秘には?

ダイエット中はどうしても便秘になってしまいます。特に食事制限で痩せようとするダイエットは、便秘になりやすいです。食事の量を減らしたり栄養が偏ったり・・・。

 

食事の量を減らすと便の量が減るのは当たり前です。ではどうすれば、便の量を増やせるのか?

 

食べればいいんです!

 

と言いたいところですが、ダイエット中なので難しいですよね。便の量を増やすのは炭水化物です。ご飯抜きは×です。三食をきちんと食べ過ぎないように食べる事が大切です。

 

ごはん

 

そして、次に油です。油を摂りたがらない人が多いですが、良質な油は、便の出をスムーズにしてくれます。今は、カロリーオフの油も売っているので活用してみるといいかもしれません。その他、野菜や海藻類、きのこ類も多めに食べましょう。カロリー的にも少ないのでおすすめです。

 

便の量が増えれば、自然と便意を感じるようになります。食べる量が少ないと便意が感じられず、そのまま老廃物が腸内に溜まってしまいます。さらに水分不足だと、便が硬くなってひどい便秘に悩まされる事になります。そうすると不快感からくるダイエット中の天敵ストレスを増長させてしまう結果になります。

 

ダイエットしている人は、短期間で痩せようとしますが、理想的な減量ペースは、1か月に体重5%以内です。50sの人は、1カ月2.5s以内です。三食バランスよく食べて運動を取り入れ、無理なくストレスなくダイエットをしていけば、便秘も解消されると思います。頑張りましょう!

どうしても便秘が治らない場合

今は便秘外来というのもありますし、ダイエット相談ができる医療機関もあります。そういうところを利用してみるのもいいと思います。

便秘薬

この他、口コミで評判が良かったのが、ちょっとお高いですが、【おなか端麗】おなか端麗という厚生労働省認可の便秘用健康食品です。赤ちゃんや妊娠中・授乳中のママさんには【カイテキオリゴ】、高齢者には【ファスコン整腸錠プラス】が体の状態に合っているのでおすすめです。

ダイエット中の便秘関連ページ

硬い便が肛門の出口から出てこない
肛門から出掛かっているうんちがあるのに硬くて出てこない。対処法はコチラです。肛門の出口まできている便は、基本的にやわらかくして排便するのは無理です。肛門近くの硬い便が出口を塞いでいるので、その便さえ取り除けば柔らかいのです。
便秘薬を使わないで便秘解消
便秘薬は、依存性が高いのでなるべく使いたくないという人が多いかと思います。便秘薬を使わないで便秘解消する方法をネットから情報を拾ってみました。その中から多かった口コミを挙げてみますね。
赤ちゃんの便秘
赤ちゃんの便秘には?赤ちゃんや子供の便秘・・・泣いてるのに何にもしてあげれない。そう悩むお母さん達に、赤ちゃんや子供の便秘解消の方法や予防法を紹介しますね。赤ちゃんにもうんちが出るリズムがあります。
妊娠中・授乳中の便秘
妊娠中・授乳中の便秘解消法について解説。まず、妊娠中や授乳中は、なるべく市販の便秘薬を飲まないほうがいいです。特に妊娠中!授乳中も薬の成分が母乳に混入するので避けたほうが無難です。産婦人科に行けば、マグミット錠などの便秘薬を処方されると思いますが、極力、薬に頼らないで自力で便秘解消をするようにしましょう。
高齢者の便秘
高齢者の便秘解消の方法について。高齢者は、便秘になりやすいです。力むちからが弱まるだけでなく、胃や腸の働きも弱まるからです。又、食事の際、食べる量が少なくなる事も影響していると思います。お年寄りの便秘解消で効果的なのは、便の硬さを柔らかくしてあげる事です。

便秘の原因 便秘に良い食品 便秘に良い飲み物 タイプ別便秘解消法 便秘に良いマッサージ