赤ちゃんの便秘

赤ちゃんの便秘

赤ちゃんの便秘には?

赤ちゃんや子供の便秘・・・泣いてるのに何にもしてあげれない。そう悩むお母さん達に、赤ちゃんや子供の便秘解消の方法や予防法を紹介しますね。

 

赤ちゃんにもうんちが出るリズムがあります。数日間ずっと出ない事を心配する気持ちもわかりますが、赤ちゃんが本当に便秘なのか判断することが大切です。

 

赤ちゃん

 

赤ちゃんがふんばって苦しそうだったり機嫌が悪かったら便秘です。ふんばっても出ない場合は、水分不足があげられます。りんごジュースは便を硬くして、オレンジジュースは便を軟らかくするそうです。

 

小児科でも勧められると思いますが、便秘だとわかったら、綿棒浣腸がおすすめです。綿棒浣腸のやり方は、綿棒にオリーブをひたして、肛門を少し刺激してあげます。ここで注意する点は、奥まで入れないで、少しだけ刺激する程度にすること。

 

赤ちゃんの便秘を解消させたい!

 

赤ちゃんが便秘にならないように普段から予防するには、便秘に良いとされるオリゴ糖がおすすめです。赤ちゃん向けには、【カイテキオリゴ】という商品がとても評判いいですね。

 

料理や飲み物にさっと入れるだけで味も変わりません。ただ、砂糖より少し甘みが落ちます。

 

 

赤ちゃんの便秘にはカイテキオリゴが大人気!

 

あと、参考までに、授乳中や妊娠中のお母さん達も便秘になりやすいです。赤ちゃんもですが、この時期の女性の体には、ノンカフェインのお茶がおすすめです。するっと抹茶という妊娠中や授乳中のママさん専用の便秘茶が人気です。⇒ するっと抹茶するっと抹茶

赤ちゃんの便秘関連ページ

硬い便が肛門の出口から出てこない
肛門から出掛かっているうんちがあるのに硬くて出てこない。対処法はコチラです。肛門の出口まできている便は、基本的にやわらかくして排便するのは無理です。肛門近くの硬い便が出口を塞いでいるので、その便さえ取り除けば柔らかいのです。
便秘薬を使わないで便秘解消
便秘薬は、依存性が高いのでなるべく使いたくないという人が多いかと思います。便秘薬を使わないで便秘解消する方法をネットから情報を拾ってみました。その中から多かった口コミを挙げてみますね。
妊娠中・授乳中の便秘
妊娠中・授乳中の便秘解消法について解説。まず、妊娠中や授乳中は、なるべく市販の便秘薬を飲まないほうがいいです。特に妊娠中!授乳中も薬の成分が母乳に混入するので避けたほうが無難です。産婦人科に行けば、マグミット錠などの便秘薬を処方されると思いますが、極力、薬に頼らないで自力で便秘解消をするようにしましょう。
ダイエット中の便秘
ダイエット中はどうしても便秘になってしまいます。特に食事制限で痩せようとするダイエットは、便秘になりやすいです。食事の量を減らしたり栄養が偏ったり。食事の量を減らすと便の量が減るのは当たり前です。ではどうすれば、便の量を増やせるのか?
高齢者の便秘
高齢者の便秘解消の方法について。高齢者は、便秘になりやすいです。力むちからが弱まるだけでなく、胃や腸の働きも弱まるからです。又、食事の際、食べる量が少なくなる事も影響していると思います。お年寄りの便秘解消で効果的なのは、便の硬さを柔らかくしてあげる事です。

便秘の原因 便秘に良い食品 便秘に良い飲み物 タイプ別便秘解消法 便秘に良いマッサージ